おかわり 秋田・男鹿で海とナマハゲ、ご当地グルメを



男鹿半島の入道崎
<写真を拡大>

男鹿半島の入道崎

 先々週、岩手・岩手町と山形・河北町で2週連続して行われるイベントを紹介しましたが、続く7月20日(土)、21日(日)の2日間、秋田県男鹿市でも食によるまちおこしイベント「ご当地グルメ大博覧会」が開催されます。

「ご当地グルメ大博覧会」は「海フェスタおが〜海の祭典2013in秋田〜(13日から28日まで)」の一環として開催されるイベントです。「海フェスタ〜海の祭典〜」は「海の恩恵に感謝し、海洋国日本の繁栄を願う日」という「海の日」の意義を再認識するための行事で、全国の主要港湾都市で毎年開催されてきました。

「日本の灯台50選」に選ばれた入道崎灯台
<写真を拡大>

「日本の灯台50選」に選ばれた入道崎灯台

 男鹿半島は三方を海に囲まれ、さらにもう一方には、八郎潟の干拓地が広がります。東西南北どこを向いてもそれぞれ趣の異なる風景をながめることができるのです

 特に半島の西北端にある入道崎は代表的な観光スポット。緑の大地と青い海、青空の絶妙なコントラストが魅力です。白黒の縞模様に塗られた灯台は「日本の灯台50選」に選ばれています。

 また、男鹿と言えば忘れてはならないのがナマハゲです。「怠け者はいねが。泣く子はいねが」と練り歩く様子はみなさんご存知かと思います。

男鹿真山伝承館のナマハゲ
<写真を拡大>

男鹿真山伝承館のナマハゲ

 ナマハゲは山に鎮座する神々の使者だと信じられており、年に一度各家庭を巡り、悪事を戒めるとともに厄災を祓い、豊作・豊漁・吉事をもたらす来訪神です。毎年大晦日の晩に、男鹿半島のほぼ全域でナマハゲの行事が行われます。昭和53年には「男鹿のナマハゲ」の名称で国重要無形民俗文化財に指定されました。

 男鹿市は、秋田県の魚・ハタハタの県内水揚げ量の4割以上を水揚げるハタハタのまちでもあります。そして、ハタハタと天日塩だけで作られた「ハタハタしょっつる」で味付けし、海のまちならではの海産物を具に入れたのが、ご当地グルメ「男鹿しょっつるやきそば」です。

男鹿しょっつるやきそば
<写真を拡大>

男鹿しょっつるやきそば

 海、ナマハゲとともに、地元の海の幸が「男鹿の魅力」です。

 そんな男鹿に集結するのは、B−1グランプリ出展の9つのまちおこし団体。十和田バラ焼きゼミナール(青森県十和田市)やきそばのまち黒石会(青森県黒石市)いわてまち焼きうどん連合歓隊(岩手県岩手町)横手やきそばサンライ'S(秋田県横手市)本荘ハムフライハム民の会(秋田県由利本荘市)大曲納豆汁旨めもの研究会(秋田県大仙市)石巻茶色い焼きそばアカデミー(宮城県石巻市)浪江焼麺太国(福島県浪江町)、そしてホスト団体の男鹿のやきそばを広める会(秋田県男鹿市)。

 ほかに、秋田県のご当地グルメでまちおこしを目指す「FOOD PROあきた(秋田県「食」のネットワーク協議会)」の参加7団体も出展、自慢のご当地グルメを提供します。

 イベントの開催時間は、20日(土)が午前10時から午後4時まで、21日(日)が午前10時から午後4時までです。

(デスク)

2013年7月5日

【PR】

【PR】

【PR】

大人のレストランガイド

大人のレストランガイド

NIKKEI×ぐるなびが提供する、大人のためのグルメガイド。接待や会食、ビジネスシーンなどにおすすめのお店情報をご紹介。

ぐるなびWoman

ぐるなびWOMAN

女性のための女子会・デートのグルメ情報サイト。おすすめのレストランや居酒屋をこだわりやシーンに合わせて検索できます。

ぐるなびWedding

貸切パーティコレクション

企業向け貸切、OB会etc… 少人数〜大人数でも貸切OKのレストラン

結納・顔合わせ

特別な日を過ごすための完全個室のお店情報や、マナー・段取りまで

このサイトについて

日本経済新聞社について